6種類の味―ラサ「カパ」

アーユルヴェーダでは、味(ラサ)を「甘い・酸っぱい・しょっぱい・辛い・苦い・渋い」の6つに分類し、ドーシャへの影響を考えます。

「辛・苦・渋」は、カパを下げます。

「甘・酸・塩」は、カパを上げます。


辛味=スパイス・薬味類

苦味=緑黄色野菜・ハーブや根

渋味=豆・生はちみつ

などに、主に含まれます。


体も心も重さが気になる時は、これらを積極的に摂取しましょう。

快適に過ごせている時は、6味をバランス良くいただきます。


お気づきになりますか?

ヴァータと、真逆の味なんです。

そして、はちみつは甘味ではないのです。


「味」も季節の養生になります。