雨季の養生

アーユルヴェーダの養生法には「雨季の過ごし方」という記述があります。


何千年も前の考えなんて、現代日本に生きる私達に合わないのでは?と思う方がいるかもしれません。

当時は、電気も水道もないです。インダス文明により、農耕・牧畜・排水が整う高度な都市文明があり、交易も行われていましたが、生活風習は今と大きく違っていたでしょう。


私は合理的なインド人を見習い、本質から離れず、柔軟に面白がって取り入れると良いと思っています。

・雨水を直接集めたり、加熱処理して、清らかな水を飲む。

・食べ物が水っぽくなり消化力が落ち、気が下がる。

・裸足で歩いてはいけません。(汚水に触れないように)

・香水を衣服にかけましょう。(悪い匂いが出やすい)

・多湿と寒さを避けましょう。


衛生的な生活が重要、体が弱らないよう注意する、5000年前から言われている「雨季の養生」です。

より良い人生を歩みたいと願う人間の本質は、5000年先も変わらないでしょう。