Lavender―ラベンダー―

アロマを代表する香りで、私達に最も多くの恩恵を与えてくれる精油です。


フランス人化学者「ルネ・モーリス・ガットフォセ」が実験中に火傷を負い、偶然近くにあったラベンダー精油を塗ったところ、治療効果が高かったことに驚き「アロマテラピー」の研究を始めました。

ハーブが部族の伝統療法や、教会の薬草園や、魔女の世界だったものを、学問として体系作り一般的に活用されるまでに浸透した、全ての始まりが「ラベンダー」なのです。

研究者により、ラベンダーは167種の薬効が証明されている万能ハーブです。

・心身の不調(鎮痛、鎮静、自律神経)

・掃除などホームケア(消毒、抗真菌・抗ウィルス・不快な嫌な臭いを抑える)

・スキンケア(皮脂バランス、肌再生)

何にでも使えて、大変重宝します。


湿気と暑さに影響されるこの季節に咲き誇るラベンダーは、カパ(冷たくて重いもの)ピッタ(熱く鋭いもの・胃)を共に鎮静し、バランスを整えます。

1本あるととても便利な精油ですよ。