手ごろな価格で店頭に並ぶようになりました。

山菜の代表「蕨ワラビ」です。葉先がクルクル巻いた姿がユニークです。

熱湯に重曹か灰を溶かし、一晩浸すと、青黒い水がでるほどアクが強いです。必ず灰汁抜きしてから食べましょう。先端の穂は、水洗いの時に手でポロポロ落とすと食感が良いです。

生姜醤油でヌメリを堪能したり、混ぜご飯やおこわにしても最高に美味しいです。


山菜の調理は、やってみると難しくありません。昔の人は、こういうのを食べていたんだな~とか、動物はなぜ有毒や栄養価が高いことが分かるのかな~とか、思いを馳せて田舎料理を楽しんでいます。