水問題

一昨日4月22日は、アースデイでした。

アースデイとは「地球の環境について、1人1人が考える日」です。


AVEDAでは、昨年に引き続き4月22日の売り上げ全額と、4月30日までシャンプーバー1個につき$5.0を「charity:water」という、開発途上国の「安全で清潔な水」をサポートする団体に寄付します。目的が明確です。

途上国での水汲みは、蛇口をひねると飲料水が出る日本人の想像を、はるかに超える大変な作業です。そして主に女性の仕事です。つまり水問題とは実は女性の人生問題なのです。


勉強や労働の時間を奪われ、危険な道を歩く為に崖から落ちたり、性犯罪の被害者となります。苦労して集めても、その水で病気になったり、飲み水だけで精一杯という現状です。

こんなに技術が発展した同じ時代に生きているのに。


固形シャンプーは水で薄められていないので、香りがとても豊かですよ。プラスチック容器や合成保存料を使用しない利点もあります。まだ間に合います、自分が心地よくて他の人にも役立つ簡単なチャリティーです。