top of page

4本の柱

病気の治療には、この4つが大事だとアーユルヴェーダでは考えます。


1.医師

2.薬や設備

3.付き添い人

4.患者


4.患者に求められるのは

・医師の言うことをよく聞くこと(治療だけでなく、睡眠、食物、生活習慣についても)

・症状を正しく医師に伝えること(正しく記憶と報告が出来ない時は、家族が代理する)

・精神的な強さを持つこと

(恐怖や不安が治療の一番の敵)

・治療の出費を賄えること

(中断せずに続けられるように)


3.付き添い人(セラピストや看護師や従業員など、患者に関わる人)に求められるのは

・知識 ・技術 ・愛情 ・清潔


病気や不調に立ち向かうのに上手くいかない時は、この4本の柱のどれかが欠けています。

その不調、一緒に向き合います。何でもお気軽にご相談下さい。


Comments


bottom of page