養心安神

養心安神は中医学の言葉です。

「心を養い、神経を安定させる」

東洋医学では、健康について考える時に、心と体の繋がりを大変重視します。

乾いた冷たい風が吹く秋~冬は、ヴァータ(気・神経)に影響を受けやすい季節です。

その乱れが不調を呼び、やがて蓄積されると、名前がつく病気となります。


神経が乱れそうな時は、美しい物を見て心を満たしたり、軽く体を動かし気分転換をしたり。瞑想など穏やかな時間を過ごします。

逆に、刺激の強い映像やゲーム、休日にいくつもの予定を入れる、夜更かしなど避けます。


「未病」心と体どちらも大切に扱うことです。