頭寒足熱

「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」=頭を熱くしない、足を冷やさない。

アーユルヴェーダでは、頭や目を熱することはしません。


特に、暑い時期はピッタのエネルギーが高まります。日傘や帽子などで頭や目を守り、バランスを乱さないよう心がけましょう。


また、気温の高い日が増え、素足で出かけたら、寒い思いをしたなど、この時期によくあります。下半身の冷えは、女性の敵です。夏は、エアコンによる冷えで、足のだるさや浮腫みを感じる方が多くなります。


これはまるで、頭熱足冷の状態で、理想とは逆向きの状態です。

季節の変わり目や夏の熱さで、弱った体をさらに過酷な状況にします。

頭は熱くせず、足は冷やさないのです。


洗髪時のシャワー湯温やドライヤーの熱に注意したり、半身浴や足の筋肉を増やすなど、日常の習慣で改善できることもあります。


イライラ・のぼせ・肌荒れ・口内炎・強い口臭・胸やけなど、ピッタが高まり乱れている時の特徴です。


美しい四季を楽しめる日本の風土は、素晴らしいです。

風の変化を感じ、季節ごとの養生を取り入れると、より生きやすくなります。