自律神経

更新日:2021年7月19日

季節の変わり目は、自律神経を整えることが重要です。


「自律神経」とは、自分の意志ではコントロールできない、心臓や胃や内臓などの機能を制御している神経です。視床下部の管理下にあります。

危機的状況やストレスを察知すると「交感神経」が優位となり、反対に体を落ち着かせるのが「副交感神経」です。


交感神経・・・緊張・興奮・集中

≪脈拍・血圧・血糖・鳥肌・汗⤴

 唾液・消化液・膀胱・末梢血管⤵≫


副交感神経・・・リラックス・睡眠・休憩

≪脈拍・血圧・血糖・呼吸数⤵

 唾液・消化液・膀胱・末梢血管⤴≫

自律神経

ストレスが長期化すると、交感神経ばかりが活発になりすぎて、内臓や末端まで十分な血液が供給されなくなったり、消化運動が悪くなったり、体全体が滞ります。疲労が回復せず、肩こり・腰痛・めまい・頭痛・消化器系のトラブル・アトピー・脱毛など、様々な異変が起きます。


心にも、情緒不安定・うつ病や不安障害など疾患をもたらします

私と同世代~お姉さま世代の女性は、更年期の乱れも加わり、今までの調子では乗り切れないシーンもあり、気持ちにズシーンときますよね。


また「自律神経⇔内分泌系⇔免疫系」は相互に影響を受けていますので、自律神経が乱れると、恒常性を保ちにくくなったり、体が弱くなります。


休息や運動・入浴・十分な睡眠などを心がけ、心と体を整えましょう。


蓄積される前に、アーユルヴェーダの施術やアロマは、自律神経を整えるのが得意です。