使い切る

アーユルヴェーダの施術時に大切なこと。

「必要な分を準備して、使い切る」

足りなくても余ってもダメ。

ケチケチするとか、たくさんあるから、でなく「適量を考える」ことはお客様の状態を深く考えることです。