ポキポキ

施術中、お客様の関節がポキポキ。

私の関節もポキポキ(笑)

体中にヴァータが増えています。

アーユルヴェーダには

「全てのものが五大元素【空・風・火・水・土】から成る。バランスが違うだけ」

いう考え方があります。


それらを3つのグループ【ヴァータ・ピッタ・カパ】に分けて、特徴と傾向を見ます。

これは人間のタイプだけでなく、季節や1日の時間帯にも、深く影響しているんです。


夏と秋の前半はピッタ(火・水)優勢で、これから冬の前半まではヴァータ(空・風)の性質が強くなります。その特徴は、冷たく乾燥した風。

関節がポキポキしたり、神経が乱れて不眠や神経痛、便秘、疲労、痛みなどを感じます。

元々の体質が水っぽい方は、心地よく乾燥し気が巡って身軽に動けます。


私達は自然からの影響を受け、そのバランスは絶えず変化し続けています。

それ自体は悪いことではありません。

ただ、影響を強く受け過ぎてしまうとバランスが崩れ、生まれ持つ自分らしい輝きを失い、長く続けば病気になります。


ヴァータのエネルギーはとても強く、ほぼ全ての病気の一因になります。そして、日本人の多くがヴァータ体質です。だから、この季節はいつも以上に、ご自身を労わり、急がず慌てず穏やかにお過ごしいただきたいと願っています。