魚で季節を楽しむ

今日6月1日、衣替えという施設が多いです。

少しずつ夏を意識して、体と生活を整えていきます。


魚が好きな私は、季節の変化を魚からも感じます。

鮎やフグと並び「今年も、この時期がやってきたな~」と嬉しく思う食材が、こちら「鱧・はも」です。

少し炙り、梅肉で美味しくいただきました。


鱧は骨を切るのが大変な魚です。皮を切らずに、1寸(約3cm)の間に24の切れ目を入れるそうで、すごい技術です。


関東では鰻やアナゴの方が人気がありますが、京都など関西では、夏に生命力の強い鱧をいただきます。鰻と比較すると、鱧は料理のバリエーションが豊富です。


くせのない、ふわっとした脂に、滋養を感じる味。日本の食文化は本当に豊かです。