top of page

食事について

お客様からご質問を受けました。

「お肉とか粉ものなんて食べないんでしょう?」


「私は、肉も魚も炭水化物も何でも食べます」

食材も、6味(甘・酸・塩・辛・苦・渋)もバランス良くいただきます。


「体に良い食べ物」情報があふれて気が散りますが、個々の体質や季節により、選びたい食材は変わるので、鵜呑みにできません。


意識したいのは「食べ方」です。

1.前の食事が消化されてから食べる。

 お腹が空いてグ~っと鳴るのがサインです。

2.ご自身の消化力に合わせて食べる。

 食べ過ぎは万病の元です。

3.満足感と感謝を持っていただく。

 五感を食べる事に集中しましょう。


私達の体は、自分で食べたものを材料として、消化・代謝の結果で出来上がっています。

何を食べるのかと同じくらい、どう食べるのかが大切なのです。


コメント


bottom of page