発汗が苦手なお客様

TRIAでは、アビヤンガ(=薬草オイルを全身に塗布する発汗セラピー)の後、遠赤外線ドームに入り、体の芯から温めます。

このドームでは、日常生活の汗とは異なる汗腺からも発汗させ、老廃物を追い出すことができます。


しかし、大量の汗をかくことが1番重要な目的ではありません。

お客様から「発汗があまり好きじゃない。発汗なしではダメなものか」と相談をいただきました。何気ないことでも施術前に教えて下さると、助かります。ご遠慮なく話してみて下さい。怒りません(笑)


アビヤンガの目的は、スロータス(体中の管)の詰まりを流し、滞りなく体の隅々まで巡らせることです。


薬草オイルは皮膚に浸透しやすく、短時間で体に作用します。その時、体内で熱が発生すると、管にこびりついた汚れが乳化され、体外に排出しやすいです。


熱で代謝を促しているのです。


発汗が苦手なお客様は、お声掛け下さい。温度や時間を調節したり、ご様子を見ながら、無理のなく進めます。体質や体調、精神状態や季節など、その日の状態が出ます。


スロータスは、リラックス状態や昼間に拡がり、緊張している時や夜に縮こまります。


アーユルヴェーダは、苦痛だと思うことはしません。スロータスが閉じていては、施術の意味が薄れてしまうからです。


効果を高める為に、サロンでは常にゆったり穏やかに、考え事をせず、どうぞ身を任せて下さい。そして、施術後も静寂を楽しんで下さい。