月餅―mooncake―

2021年9月21日は「中秋節」です。


中華圏では旧暦の8月15日、丸い月を見ながら家族みんなで月餅を食べる文化があります。

日本では「十五夜」「中秋の名月」と言われ、お月見しながらお団子を食べますね。

今年は、満月なんです!

月餅 中秋節

シンガポールから送られてきた月餅は、日本で食べる物とは少々異なります。


ポピュラーなのは「white lotus seed paste蓮の餡」+「double yolks塩漬けアヒルの卵黄2個」です。ねっとりした甘い餡に、月に見立てたしょっぱい卵が入っています。

右上の緑の餡はpandan、左下はmixed nutsです。黒い中華餡の月餅しか知らない日本人には、どれも異国の味で、美味しいというより楽しいです。

スノウスキン 月餅

このカラフルな月餅は、冷やして食べるsnowskinタイプ。カラフルでおしゃれ!!


有名ホテルや老舗メーカーでは、毎年工夫をこらした高級な月餅が、可愛い箱に入って限定販売されます。

画像:GODIVAホームページ


月餅と呼ぶよりmooncakeです。ライチウーロン、ジンジャーマンゴー、パッションフルーツオレンジなど、とても美しく魅力的。


月餅は中秋節の贈り物の定番です。月餅より高価な品物とセットにして、賄賂のように送る人達がいるそうです。日本の時代劇で、饅頭の箱が上げ底になっていて、下に札束が入っているのと同じ発想です。


美しい月と、人間の欲。いつの時代も世界共通ですね。


こちらは食欲です(笑)満月を待たずに月餅を全部食べてしまったので、月見団子を作りましょう。