春の消化力

春、優勢になるカパの影響を受け過ぎると、消化力を弱めます。年末年始と同じように食べてしまうと、朝起きた時に前日の食事が消化されていないと気が付き後悔します。


アーユルヴェーダではこの時期、水分と脂肪を含まない消化に良い食べ物を推奨します。


例えば、収穫してすぐではなく貯蔵してある古米など昔からある穀物。

揚げ物ではなく、グリルやバーベキューのような調理方法。甘みはハチミツ(非加熱で)をおすすめします。

こってりした脂っこい・甘い・酸っぱい食品は避けて下さい。それでも重いと感じる時は、ヨーグルトやチーズも控えましょう。


そろそろアイスクリームも食べたいですが、さらに追い打ちをかけるように消化力が落ちます。お腹が空いているか体の声を聞いてみましょう。