日向夏 ひゅうがなつ

爽やかな柑橘「日向夏 ひゅうがなつ」

みかんとオレンジの中間程の大きさで、皮は黄色です。

最大の特徴は、白い薄皮を食べる事です。

ミカンのように手で皮を剥くのではなく、包丁を使いりんごのようにくるくると、外側の黄色い部分を剥きます。この時に、白いフカフカは実の方に残し食べます。この部分が甘いので、取り除いてしまうと、たぶん美味しくありません。


日向国(ひゅうがのくに)と呼ばれた、宮崎県が原産なので、関東では馴染みが無い方も多いかもしれませんが、ニューサマーオレンジと同じ品種です。お菓子やジュースなどの加工品も販売されています。


ビタミンC・クエン酸を含むので夏の疲れに、白い部分を食べるので食物繊維も豊富にいただけます。旬は春のようですが、昨日購入し大変美味しかったです。


香り高く上品な甘みと、ほんのり苦みもあり、大人が楽しむ柑橘です。