年齢と自然のリズム

アーユルヴェーダでは

若年期:成・壮年期:老年期

 カパ  ピッタ  ヴァータ

が、それぞれ優勢になると考えます。

赤ちゃんは、良く寝むり、よだれがたくさん出ます。体の構造を作る子供時代は、カパが優勢になります。カパは水の性質を持ち、組織の修復・結合に関連します。


大人になってくると、それぞれ部活や勉強や仕事に夢中になり、エネルギッシュです。ホルモンや消化に関わるピッタは、火の性質を持ちます。


年齢を重ねると、乾燥し体が縮み骨がスカスカになり、痛みや寒さ、睡眠の浅さを感じます。ヴァータは空間や風の性質を持ち、神経や運搬を司ります。


自然が持つリズムは、年齢や季節や1日の中でも絶えず変化します。

私達は、良くも悪くもその影響を受けて生きます。

自分が生まれ持つバランスを知り、自然のリズムを理解すれば、次に供える方法が分かるので、慌てずに上手く対処できます。


アーユルヴェーダ始めてみませんか?