地球の物差し

自然界では、1cm厚の土ができるのに、100年かかります。

岩や火山灰だけでは、土になりません。草木や葉、生物の死骸やフンが、腐敗し堆積し微生物がさらに細かく分解し、土の基ができます。


私達の足元の土は、そうやって長い年月をかけて自然が作り出しました。


地球ができてから今日までを、1年365日に置き換えて考えると、人類が誕生したのは12月31日23:40付近、ラスト20分の時点です。農耕が始まったのは23:59あたりです。私達は、大きな流れの中の、ほんの1部分を生きています。


人間が再生できないものを、安易に壊すことは、smartではありません。