副産物・フローラルウォーター

「精油」を抽出する目的で水蒸気蒸留法は行われますが、その過程で「フローラルウォーター・芳香蒸留水」という副産物が発生します。植物を蒸して得られた水蒸気を冷やした液体は、油と水に分離し、油は精油に水はフローラルウォーターとなります。


植物が持つ油溶性の成分は精油に抽出され、水溶性の成分はフローラルウォーターに溶け出しています。

この香り豊かな副産物も精油と共に販売されており、代表的なのは「ローズウォーター・薔薇水」インドやヨーロッパでも人気があります。


冷やす性質なので、これからの季節、化粧水や日焼け後の肌に使用するのも良いです。

希釈せずに、そのまま肌に使用できます。その際に、エタノールやグリセリンを数滴垂らすと、使用感や効果を自分好みに手作りできます。


精油の値段が高く手の届かないネロリやローズも、フローラルウォーターならば購入しやすいので、ちょっと贅沢気分で香りを楽しめます。