先回りの手当てとは?

地面の銀杏を、踏みつけないよう気をつけて歩きます。もっちりして美味しいですね。

秋梅雨が明け、ようやく気持ち良い秋らしい気候に落ち着きました。

ご体調はいかがですか?

9月の残暑から長雨が終わるまでは、不調を感じる方が大変多く、サロンも混みあいご迷惑をおかけしています。なぜ、この時期に1年で最も体調を崩す方が多いのでしょうか?

気温・気圧・湿度の変化がだけが原因ではありません。


①夏の間、体に溜まった熱が、発散できずいつまでも残っている為、残暑が耐え難い。

②夏に消化力が下がり、胃腸の調子がいまいち。体力も落ちてしまった。

③夏にエアコンで冷えすぎて、むくみ重だるいまま、朝夕の涼しい風に当たる。

④熱帯夜やエアコンの音が気になり、寝不足がたまっている。リカバリーできていない。


夏の過ごし方が秋の不調に繋がります。

アーユルヴェーダでは、次の季節を快適に過ごす為に、備える養生を大切にします。

それが先回りの手当てなのです。