マスターズ快挙

松山英樹選手、日本人初マスターズ優勝!

ニュースでご覧になった方も多いと思います。本当にすごいことです。


最終日ラストの18番ホール、松山選手がグリーンに近づくと、パトロン(観客)全員が立ち上がり拍手で迎えられたシーンは、思わずこちらも感動するほどでした。努力と勝利を公平に称える、美しい光景です。


優勝のぎこちない日本語のスピーチが、準備された名前の羅列ではなく、人間味があり良かったです。通訳から会場となるゴルフコースのメンバーへ感謝の言葉を、小声で促されたりする場面も、スマート過ぎず私には好ましく見えました。

マスターズの会場は、毎年アメリカの「オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ」です。


ゴルフ場の創設者は、グランドスラム(4大メジャー制覇)を達成するほどの腕をもちながら、生涯アマチュアを貫き、後に弁護士として歩み、女性や黒人へもゴルフの普及に努めた人物で「球聖」と呼ばれています。


とても美しく、アップダウンの多め、グリーンが早い、アーメンコーナーという難所がある、大変ハードなコース。ゴルフが上手ければ1生に1度でも行ってみたい夢のコースです。しかし厳格なプライベートコースなので、どんなに上手でもお金を支払っても、まず機会はないです。世界一の富豪だった全盛期のビルゲイツが、なかなかプレイをさせてもらえなかったことも話題となりました。


タイガーウッズの姿が見れず寂しさを感じていましたが、思わぬ快挙にゴルフ熱が上がりそうな日となりました。歴史に立ち会った気分です。

世界を舞台に活躍する日本人の姿を見ると嬉しいですね。