ギフト・ショー秋2021

お世話になっている業者さんから招待状をいただき、10月13.14.15日東京ビックサイトで行われている「第92回東京インターナショナル ギフト・ショー」へ行ってきました。


香りの商品と、ビューティー&コスメがお目当てです。今回は人数制限があり、事前登録の手続きが必要でした。感染対策の工夫をしながら社会が動き始めています。

実は、建築の仕事をしていたサラリーマン時代から、足を運んでいたギフト・ショー。業種が変わっても魅力を感じるなんて、ジャンルの幅広さに底力を感じます。


国内外から約1.200社が出展する規模の大きな展示会は、満足度も高いです。

最先端の情報を得られ、開発者の熱に触れる、手に取り確かめられる、ビジネスのリアルな場として、何かしらの収穫があります。

私のように、組織に属さず1人で働いていると、気楽ですが孤独です。アンテナを張っているつもりでも、環境は狭くなり偏りができてしまうので、流行やopenな空気を感じる機会があれば参加したいのです。


今回は、マスクなどのコロナ対策商品、インスタ映えしそうなグッズ、タオル関連が多く目に留まりました。アパレルのブースも数が多かったです。

個人的に自律神経測定器というワードが気になりましたが、とにかく広く、久しぶりの人混み、初対面で話すし、疲れてしまい、全体1周までできず帰りました(笑)


業者さん達が「こういう展示会久しぶりだよ」と言っているのが聞こえてきました。嬉しいですよね。次回は2022年2月開催予定です。気になる方はチェックしてみて下さい。

りんかい線国際展示場駅には、手塚治虫さんの陶板レリーフがあります。有名人がずらりですね。懐かしくてほっこりします。