インドの乾布摩擦

アーユルヴェーダのオイルを使用しない施術「ガルシャナ」は、まるでインドの乾布摩擦です。

「かんぷーまさつ」って、冬の寒い日に上半身裸で、タオル持って外で体をこする、ド根性みたいなイメージですね。寒くないぞっ気合だ!


ガルシャナは、暖かい室内で、絹手袋をつけて全身を優しく摩擦させます。

体が冷えていたり、皮膚が乾燥している時やオイル施術前などに行ったりします。

・毛細血管が刺激され血行が良くなり

・体が温まり

・皮膚がつるつるして色艶が良くなり

・むくみがとれて体が軽くなり

・代謝が上がり

・免疫力が上がり

・痩せやすくなって

・心が前向きになり

・オイルの浸透も良くなります


セルフケアとして毎日の習慣に取り入れたり、家族にしてあげることもできます。

ポイントは、心臓に向かって毛流れに逆らって行うことと、関節を丁寧に行うことです。


サロンで施術を受けられますし、絹手袋の販売もしております。

私が冬に1番好きなセルフケアです。首から顔まで優しくさすると、深くリラックスでき、手触りがすべすべで良くなるんです。


皮膚に炎症がある、ピッタが上がっている時は適していません。


ご自身にあったメンテナンスを、習慣にしましょう。