いわしの苦み

節分には、魔よけとしてヒイラギの枝にイワシを刺して玄関に飾る風習があります。

実際に行っているご家庭は見ませんが、我が家では目刺し(イワシ)を食べようと思います。

大人には、はらわたのほろ苦さが美味しいのですが、子供の頃シシャモだと思って食べたら、苦くて嫌だった思い出のある方も多いと思います。


この『苦み』と言う味覚は、これからの季節、とても重要です。


春は、気温の上昇と共に、冬の間に体へ溜め込んだカパの要素が溶け出してきます。眠気が増したり、体が重かったり、ボーっとしたり、行動が遅かったり、鼻水が出たり。


カパを追い出し、溜めないことが大事です。

甘いものを控え、消化力に合わせた食事をとり、1日1回汗ばむ程度に体を動かし、2度寝をしない。

少しづつ『苦み・辛み・渋み』を食事に取り入れましょう。

春の不調を引き寄せない、予防になります。